不動産投資などで資産運用【外貨も活かした投資成功カンパニ−】

元手が少なくてもOK

投資マンションを始める方法

投資マンションの電話セールスは多く、個人の家庭や会社などにかかってきたことがある人は多いと思います。電話セールスでは、利回りが高く、安全性も高いので、ぜひ投資マンションを始めてみてはと勧誘してきます。一体、どこまでが本当なのか疑わしいと思ったことでしょう。実際、全てが全て、利回りが高く、安全とは言い切れません。ただ、現在の低金利における貯蓄と比べると、はるかに利率は高いですし、日々値動きのある株に比べれば、安全性が高いとも言えます。投資マンションを検討する場合には、単に家賃収入を長期に得られれるというメリットだけを考えるのではなく、入居率によって収入が下がってしまうことや借入をする場合にはその利息返還が生じることも考慮しなければなりません。

少ない元手から始める投資

投資マンションとは、賃貸収益を得ることを目的としてマンションを所有することです。自分で新築のマンションを建設して賃貸収益を得る方法や、分譲マンションとして売買されている1室を投資用に購入する方法がありますが、いずれにしても、重要なのは物件の選び方です。不動産投資ローンの活用などで、少ない元手から投資を始めることができますが、トータル的には大きな投資であることには変わりありませんので、居住者が入らないなどの状況になると、投資としては失敗となり大きな負債を背負うことになります。入居率100%を目指すことはなかなか大変ですが、ある程度の収益が確保できるような物件を選ばなければなりません。そのためにも、十分に物件情報を探すことが必要です。